最新のアイ・ビー・エム C9510-401日本語 認定内容試験の問題集

 

Pass4TestのIBMC9510-401日本語 認定内容試験トレーニング資料は正確性が高くて、カバー率も広いです。それは君の文化知識を増強でき、君の実践水準も増強でき、君をIT業種での本当のエリートになって、君に他人に羨ましい給料のある仕事をもたらすことができます。うちのIBMC9510-401日本語 認定内容試験トレーニング資料を購入する前に、Pass4Testのサイトで、一部分のフリーな試験問題と解答をダンロードでき、試用してみます。

C9510-401日本語試験番号:C9510-401日本語
試験科目:「IBM WebSphere Application Server Network Deployment V8.5.5 and Liberty Profile, System Administration (C9510-401日本語版)」
一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします
最近更新時間:2017-07-31
問題と解答:全75問 C9510-401日本語 日本語的中対策

>> C9510-401日本語 日本語的中対策

 

Pass4TestのIBMC9510-401日本語 認定内容試験トレーニング資料はインターネットでの全てのトレーニング資料のリーダーです。Pass4Testはあなたが首尾よく試験に合格することを助けるだけでなく、あなたの知識と技能を向上させることもできます。あなたが自分のキャリアでの異なる条件で自身の利点を発揮することを助けられます。

記事のリンク:http://www.pass4test.jp/C9510-401J.html

NO.1 システム管理者は、管理セキュリティーが有効になっている場所のWebSphereネットワー
クのセルで実行されるPythonスクリプトを作成しました。
このスクリプトはdoUpdate.pyという名前をつけられて、以下を用いて動きます:
wsadmin -connType RMI -f doUpdate.py
このスクリプトが動くとき、どのように、管理者は現れることからユーザー/パスワード注
意を抑えることができますか?
ユーザーとパスワードをセットします:
A. ssl.client.propsファイル
B. soap.client.propsファイル
C. wsadmin.propertiesファイル
D. sas.client.propsファイル
Answer: D

C9510-401日本語 必殺   
Explanation:
The user Id and password needed for wsadmin to connect to a secured server can be
supplied as command line options and in properties files. If used together, command line
options take precedence over what is in the properties files. The properties files are located
at Profile_root/properties.
If you use a Remote Method Invocation (RMI) connector or a JSR160RMI connector, set the
following properties in the sas.client.props file with the appropriate values:
com.ibm.CORBA.loginUserid=
com.ibm.CORBA.loginPassword=
References:
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SSAW57_8.5.5/com.ibm.websphere.nd.doc/a
e/txml_security.html

NO.2 システム管理者は、新しい環境の安全を構成しています。
管理者は、ビジネスユーザーおよび管理ユーザーのための異なるサブツリーを持つ1つのLD
APサーバーを設定するように頼まれました。
管理者は、必要なセキュリティ設定を実装するために何をすべきか?
A. スタンドアロンLDAPサーバーのためにセキュリティ・ドメインを構成します。
B. TAIをインストールし、設定(トラスト·アソシエーション·インターセプター)
C. フェデレーテッド·リポジトリーを使用して、サポートされているエンティティー·タイプを
設定します。
D. スタンドアロンのカスタム·レジストリーを使用して、フラットファイルの実装を設定しま
す。
Answer: C

NO.3 WebSphere Application
Serverの環境での拡張EARをインストールした後、コンフィギュレータ権限を持つシステム
管理者は、統合ソリューション·コンソール(ISC)でJDBCプロバイダーおよびデータ·ソー
スを参照することができるが、これらのリソースを削除することはできません。
どのように管理者がこの問題を解決することができますか?
A. すべてのアプリケーションサーバインスタンスを停止し、リソースを削除します。
B. リソースを削除するには、AdminTaskオブジェクトを使用してください。
C. アプリケーションスコープのリソースを削除し、アプリケーションを再インストールするに
は、EARを編集します。
D. リソースを削除するiscadmin特権を持つ別の管理者に確認してください。
Answer: B

C9510-401日本語 信頼度   C9510-401日本語 解答例   
Explanation:
The JDBCProviderManagement command group for the AdminTask object includes the
following commands:
References:
https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/en/SSAW57_8.5.5/com.ibm.websphere.nd.do
c/ae/rxml_atjdbcprovider.html

NO.4 テスト環境では、システム管理者は、アプリケーション·サーバーのクラスタにルーティン
グしているDMZの外部HTTPサーバーを設定しています。
管理者は、ルーティングとバックエンドクラスタへの着信要求に優先順位を付けるときに、
より高い性能を実現したいと考えています。
どのようにシステム管理者は、このタスクを達成することができますか?
A. 外部のWebサーバとアプリケーションサーバ間のオンデマンドルーター(ODR)を配置し
ます。
B. インクルードは、クラスタ·メンバ上のローカルオプションを好む有効にします。
C. 外部のWebサーバとアプリケーションサーバ間のキャッシュプロキシサーバーを設定します

D. 外部のHTTPサーバーのクラスタを構成します。
Answer: A

C9510-401日本語 更新版   
Explanation:
References:
https://www.ibm.com/developerworks/websphere/techjournal/1206_alcott/1206_alcott.html